読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

太陽と月と流れ星

谷村くんと長妻くんが好きな人

谷村くんと長妻くんがトーク要員となるために

昨日さんざん「たにくりがバラエティー最強コンビだ!」みたいなことを言ったわけですが、そこであえて考えてみたい。たになががトーク要員として、バラエティー班としてコンビで成功するためにはどうしたらいいのかを。

というか、なんなら普通に成功してるんですよね。だって、11月1月2月って続けて少年収で前説やってるんだよ!有能の極み!!(甘い)
たにながの場合は、わかりやすい対比構造がウリみたいなところがありますよね。人気者でお客さんにキャーキャー言われるモテモテな長妻と、お客さんからも微妙な反応をされるちょっと冴えない谷村。
真反対のキャラで売るって、キャラつかみやすいしいろいろとわかりやすくてバラエティーにおいてはすごくいいと思う。周りもどう扱えばいいのかわかりやすいから、いじりやすいし使いやすい。
とりあえず長妻が持ち上げられて、谷村がけなされるっていう構図。前説みたいな2人だけのトークだとそれが如実に表れるのかなー。見たことないからわかんないけど。ていうか、谷村がとにかく長妻上げるし、長妻は谷村を軽くあしらってるし(いい意味で)、お互いのキャラを立てあってる感じがすごくする。うんうん、そういうのすごくいいよ。もっとやってください。
「谷村くんがそんなバカにされるような扱い受けるの許せない!」ってタイプの人は谷村のファンにはあんまりいないんじゃないかなと思うので、谷村はこれまでも不憫売りだったしこれからも不憫売りでいくことでしょう。

たにくりも真反対のキャラが売りだったんだけどね。ネガティブ谷村とポジティブ栗ちゃん。まぁ実際は逆っぽいところがたにくりの深みで更に面白いところだったんだけど。

たにながの場合は、どう考えても表の真反対さが逆転することはないと思う。実は谷村が爆モテキャラで長妻が女の子に見向きもされない陰キャとかありえないでしょ。それだったら面白すぎるわ。
だから最終的には「変な子」長妻と「マジメ」谷村に落ち着くような気もする。話せば話すほどボロ出るもんたぶん。マジメすぎて上手いことオチつけられない谷村の話を、訳のわからない一言でむりやり笑いに持っていく長妻っていう構図になるのかなー。それはそれで成功すれば面白くなるとは思うけど。
どうなっていくのか気になる存在って意味で、やっぱりたにながはこれからに期待しかないコンビだなぁ♡少年収以外でも、2人で話してるところが見られたら嬉しい。はい、ガムシャラにお手紙書かないとですね。がんばります。

というわけで、少年収前説レポの感想でした(違)