読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

太陽と月と流れ星

谷村くんと長妻くんが好きな人

アイドルとはなにか

アイドルを何かに例えるならば何なんでしょうか。
私のブログのタイトルは、平成28年3月5日現在「太陽と月と流れ星」です。
それが、「アイドルをたとえるならばなにか」に対する私の答え。今のところ。

私、AKBの「僕の太陽」って曲が好きなんですよ。この曲の場合、僕の太陽という言葉が指しているのはアイドルに限った話ではないとは思うんですけどね。でも私にとって「僕の太陽」と言える存在はきっと自分が好きなアイドルなんです。その子がいるだけで自分の世界は平和で、明るくて、あたたかくて。アイドルはそういう存在だと思うから、アイドルをたとえるなら太陽。これがまず一つ目の答え。

二つめは月。月は自分の力で輝いているわけじゃないから、太陽と比べるといまいちアイドルのたとえとしてピンとこないという感じはありますよね。
ただ、太陽と月を対比して見て、動と静とか陽と陰とかって捉えると、私の中では太陽が長妻で月が谷村なんですよね。ほらきたよシンメ厨ー!笑
誰かにいじられることでおいしくなる、面白くなるっていうとこは、他に照らされて輝く月と谷村の共通点なのかもしれないなーとは思いますね。
もちろん、谷村もアイドルとしてはすっごくキラキラしてて明るくて太陽みたいな存在なんだけど(急にデレる)、このブログのタイトルとして暗にたにながを表現するならどうかって考えたら「太陽と月」という言葉が出てきたわけですね。

3つめの流れ星っていうのは、アイドルの儚い部分を例えたらそうなるかなぁと思っていれました。
先日、97年組が高校を卒業して、私が初めて見たときは中3だった子たちが大きくなったんだなぁってしみじみ感じて。もちろん、人間は誰でも歳をとるし、どの子にもそのときどきの美しさがある。だけど、「そのときどきの美しさ」ってそのときにしか見られないもので、それってすごく儚いよね。
アイドルは、仕事柄そのときどきの姿を写真や映像に収められることも多くて、後からそれを見ることも余裕でできるけど、その姿をそのときに見るっていうことには大きな意味があると思うし…。
それに、特にJr.はいつステージという表舞台から消えちゃうかわからない。その儚さも、一瞬キラッと輝いて消えていく流れ星に似てるかなぁと。
たまに違った形で戻ってくる子もいますね。最近は特に。でも、よく言われるように、ジャニーズのファンの人たちは「ジャニーズとして歌い踊る自担」が好きというのが強いのかなと思うので、違った形で戻ってきた子たちは「隕石」みたいに「あれ?思ってたのと少し違うな」ってなりがちなのかもしれないですね。そのへんは私にはよくわかりません。←

欲を言うなら、応援してる子たちにはいつまでも今いるステージの上で圧倒的な輝きで周りを照らし続けてほしいと思ってる。
そう思うとやっぱり私は谷村と長妻には「私の太陽」でい続けてほしいんだなぁと思います。