読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

太陽と月と流れ星

谷村くんと長妻くんが好きな人

ライバルという名の仲間

仲が良くてライバル。今までたくさんの創作物で描かれてきた関係性だとは思いますが、ことアイドルの関係性として、今まで私は特にこういう関係のコンビに惹かれたことはありませんでした。というか、私の好きなコンビにはそういう関係性の2人はいませんでした。ライバルならライバル、仕事仲間なら仕事仲間。一番好きなのは仕事仲間というだけの間柄のコンビで、それは今後も変わらないと思っていました。

 
そこに出てきたのが谷村龍一、長妻怜央の「たになが」コンビです。
谷村と長妻は、初めて2015年シアタークリエB公演でシンメになったときは、正直「これでシンメ固定にはならないよな」という感じでした。そのころ、Sexy ZoneのSexy Power Tourが並行して行われていて、長妻はそこでは寺西拓人くんとシンメだったからです。
だけど、今現在一応は谷村と長妻はシンメのままです。シンメであるということが継続的なものなのか、単発的なものなのか、どれをとってそう判断するのかという問題はありますが。
あれからまだ1年が経たない間に、シンメとしていろんな仕事をしました。初めてシンメになったシアタークリエB公演から始まり、A.B.C-Zコンサート東京大阪公演のメインバック、TDCでのSummer Paradise公演、ジャニーズワールド、ザ少年倶楽部の前説、各種歌番組出演などなど…舞台やコンサートの見学にも2人一緒に行ったり、目情も2人揃って出たり、とにかく2人が一緒にいることが多かった。今まで好きだったコンビ、シンメではありえなかったことで、元々シンメの仲良し売りが好きなわけじゃなかった私としては戸惑いました。
 
でもね。仲良いことはもちろん悪いことじゃないし、仲良くすることでお互いが高め合えるなら、それってすごく素晴らしいことじゃないかと気づいたんです。
先日発売されたジャニーズJr.カレンダーで、谷村くんと長妻くんは、仲の良いJr.、ライバルだと思ってるJr.としてお互いの名前を出していました。
仲の良いJr.では2人とも複数人の名前を出してたし、コメントもどちらもごはん食べに行くとかいう大したことないエピソードしか書いてなかったので特に触れませんが笑、ライバルだと思ってるJr.で長妻くんは「谷村龍一。2015年のシアタークリエでの公演で、シンメになって以来、永遠のライバル」、谷村くんは「長妻怜央。どんどん成長する姿を見て、置いていかれないようにがんばろうって思う」とコメントしています。
尊すぎませんか????
あんなにたくさんのJr.がいて、どの子もみんなそれぞれの味があるなか、お互いの名前だけをライバルとして挙げてる。ほんとに尊い以外の表現ができなくて辛いです。ボキャ貧悲しい。
 
シンメは一番身近で一番比較される人だと思います。それが重荷になったり、ぬるま湯みたいになったりしたらいやだけど、シンメががんばってるから自分もがんばろうって思えるなら、それは最高の仲間なんじゃないかなと思うのです。
Jr.たちはみんな仲間だけどライバルで、協力しなければいけないときも多いけど、いざというときには結局一人なんだということを考えると、ジャニーズJr.って大変だなぁと思います。気にしなくちゃいけないことも多くて、学校もある程度はきちんと行かないといけないのに、精神的にかなり疲れる世界に身を置いている。
そんなとき、一番近くにいる仲間が身近な目標かつライバルとしてそこにいて、辛いことを共有できて、お互いを友達としても好きだと思えて信頼できるならステキだなぁって。
たにながはまだそこまでの域には達してないのかもしれないけどね。ただ、ながつが谷村たちと「仕事の話をよくしてる」と言っていたところにお互いを仕事仲間としてきちんと認識しているんだなというのが感じられるのが地味に好きです。ただ仲がいいだけじゃ足りなくて、仕事をする上で欠かせない大切な人、にお互いがなっていったら嬉しいです。