読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

太陽と月と流れ星

谷村くんと長妻くんが好きな人

今、思うこと。

たになが1周年!おめでとう!と言ってから2週間。終わりは突然訪れるものです。
いや、終わりかどうかすら今の段階ではまだわからないんだけどね。ただ、谷村と長妻のシンメが決定的にラインまで離されたことがこの1年間なかったからショックを受けてるだけです。たぶん。
言うならば、雇い止めをされた気持ちとでも言いましょうか。終わりが来るのはわかってたけど、契約更新を繰り返し、あ、これは次も更新してもらえるな、と思ったところで「次は更新しません」。どころか「明日から来なくていいですよ」みたいな。これ、もはや法違反じゃないか?!解雇予告手当払えよ!!


とまぁ、Jr.の世界ではよくあることですし、今回はそんな話がしたいわけではないので話を元に戻します。

Love-tuneが7人になった。
2016年5月21日にJr.担界を騒がせた出来事は一言で言えばこういうことです。
奇しくも、3年前の5月21日はトラジュクリエ初日ではなかったでしょうか。チケット券面見ていってるわけじゃないので間違ってたらすみません。それに、なにが奇しくもなのかもわからん。笑
長妻くんはLove-tuneの追加3人に選ばれ、谷村くんはそのバックとして公演に出演しました。追加3人を入れて、女性セブンのメンバーが揃った。妥当だな、と思います。
Love-tuneの人選がどうとかについては私は部外者だから何も言いません。だから、たにながのことについてちょっとだけ。

やっぱり、私はシンメ担なんだなって思いました。谷村くんのファンだったはずなのに長妻くんのことが気になり始めて、「谷村と長妻のコンビが好き!」って特に絡みもなかった頃から言ってたけど、それが2人がシンメとして活動することになったことから気持ちが重くなり始めたんだよね。
谷村といっしょにいる長妻が好きで、長妻といっしょにいる谷村が好き。個人個人での仕事も喜んで見てたけど(それはやっぱり長妻の方が断然多かったけど)、2人が揃った姿が本当に大好きだった。シンメになってから1年間、毎月毎月何かしらの絡みを提供してくれて、2人がどんどん仲良くなっていくさまを見ていくのが本当に楽しかった。
いつだって長妻は谷村より先を行ってたから、いつかバラバラになるんだろうなとは思っていたけど、もっと早かったらよかったなーって思いますね。1年もいっしょにいたから、それが当たり前みたいになっちゃった。最初に書いた有期雇用契約のたとえはそういうことです。

谷村くんも長妻くんも好き。
2人ともすごくかっこよくて可愛くてステキなアイドルだなぁと思います。だから、それぞれがより輝ける場所で活動していけるなら、それがいいんだと思う。そういうふうに思えるファンでいたいなとも思う。
でもなーーーやっぱりたにながが好きなんだよぉぉぉ!!!
くくりが離れたら、もういっしょに遊ぶことなんてきっとない2人。だから、2人をつなぎとめておくためには、シンメでいるか少なくとも同じラインである必要があったんだよね。
長妻が谷村のことを「永遠のライバル」って言った言葉は消えないけど、その気持ちはたぶん消えていくから。

2人がシンメでいる間に、もっといろんなところに要望を出せばよかったなってことだけ後悔してます。需要を示していけばよかったなぁって。
もうきっと、まよプリに2人で出ることはない(長妻はLove-tuneになるならむしろ出る可能性が上がった気はしますけど)。
少クラの前説を2人でやることはない。
2人で雑誌に載ることはない。
なにも形に残らないんだな、たにながって。だから、形に残しておきたいシンメ厨のみなさんは積極的に要望を出したほうがいいと思います!

なんて書いてるけど、またふらっとたにながシンメに戻ってそうな気もしますけどね。笑